紀宝町にある鮒田水門

一級河川の熊野川の水が、相野谷川に入り込むのを防ぐ水門です。閉めることによって逆に、相野谷川の水位を上昇させる結果となり、輪中堤内に浸水させることとなりました。(12.3メートルまで水位が上昇。輪中堤の高さは、9.4メートルでした。)

カテゴリー: 活動報告   パーマリンク

コメントは受け付けていません。