南三陸町防災対策庁舎

7月14日、南三陸町の志津川にある役場防災対策庁舎(3階建てで高さ12m)の現在の様子です。女性職員が防災放送で「6mの津波が来るから早く逃げてください」と最後まで言い続け、そこに避難した他の役場職員を含む42名と一緒に15mの津波に呑まれ犠牲となったところです。周辺地は高さ5mの地盤の嵩上げが決まっているようですが、建物を保存か撤去か地元では議論が続いているようです。

カテゴリー: 活動報告   パーマリンク

コメントは受け付けていません。